親知らずが痛い・うずく
-親知らずの治療-

WISDOM TEETH REMOVAL

親知らずが正しく生えてこない場合
他の歯への負担やむし歯の原因になります

歯冠(歯の歯ぐきより上に出ている部分)の全体や一部が正しく生えてこない歯を埋伏歯(まいふくし)と言います。親知らずは永久歯の中でも一番最後に生えてくる歯なので、生える場所がなくなってしまったりといった理由で埋伏歯となることが多くあります。また、しっかり生えていても傾斜していて隣の歯に干渉していたりと何かとトラブルが多い歯です。

親知らずが痛い、または周辺に痛みやうずきがある場合は、早急に原因を取り除く必要があります。当院は、親知らずの埋伏歯において、大学病院と同等の口腔外科処置が行えます。安心してご相談ください。

親知らずの埋伏について

親知らずの埋伏では、歯冠(歯の歯ぐきより上に出ている部分)の全体が埋まっている状態(完全埋伏)や一部分が埋まっている状態(半埋伏)があり、また傾斜している状態、水平に寝てしまっている状態があります。

このような場合、歯並びに悪影響を与えたり、手前の歯を破損させてしまったり、むし歯の原因になったりします。また、うまく清掃ができないために親知らず自体がむし歯になってしまうこともしばしばあります。

痛みや悪影響が確認できた場合には、早急に抜歯を検討する必要があります。

親知らずの抜歯治療

歯科用CTを使用した安全配慮

親知らずは、内側外側奥側手前側と様々な方向に傾いているケースがあり、通常のX線写真では、詳細に確認できない場合もあります。

当院は歯科用CTを完備しているので、歯の傾きや血管、神経への干渉・位置関係をコンピューター上で再現でき、より安全な治療計画を立てたうえでの治療が可能です。歯が傾いていたり、寝てしまっている場合に安全に抜歯をするためには、歯ぐきを開いて歯を分解して抜歯する外科処置となりますが、大学病院と同等の治療が行えます。

治癒を早くする取り組み

親知らずの抜歯後には、止血作用と殺菌効果のある先進医療のレーザー(炭酸ガスレーザー)を使用します。早期の回復や鎮痛作用も期待できます。

また、奥歯は他の歯と比べて大きく、抜歯を行うと大きな穴(抜歯窩)が開いてしまいます。この穴は自然に血が溜まり、血餅(けっぺい)というゼリー状の塊ができて回復していきますが、当院では、デルプラグというコラーゲンでできたスポンジ状の薬を穴の中に詰めています。コラーゲンの力で歯ぐきの回復を助け、止血や傷口を保護する効果もあります。

診療予約について

RESERVE

患者さまをお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りいただけます。

Mail:suzudent120go@gmail.com

 
8:40〜13:00
14:30〜18:00
休診日:木曜 / 日曜 / 祝日

〒283-0805 千葉県東金市松之郷2678-6
JR東金線 東金駅下車 タクシーでワンメーター
東京駅からお越しの方はこちら