歯の豆知識

DENTAL COLUMN

虫歯の進行段階➁

虫歯の進行段階➁

CO・C1・C2・C3・C4

の5段階に分けられます

山武郡東金市の歯医者

       鈴木歯科医院

  ~歯と食べ物で健康に~

  C1

進行段階:エナメル質(歯の最表層)の虫歯

 症状 :エナメル質が溶けて、表面が黒くなくなった状態

     まだ痛みはなく

     自覚症状はない

処置方法:むし歯の部分を削りとって、レジン(歯科用のプラスチック)を詰めて治療します。

保険が適用となる白い詰め物の素材で、1回で治療が終わります。

(素材はレジンと呼ばれるプラスチックの為、むし歯の範囲が大きなところには強度面で不向きです。)

レジン充填(CR)処置の流れ

山武郡東金市の歯医者

鈴木歯科医院では~

①虫歯になっている部分を削る

(むし歯が象牙質まで達していなければ痛みを感じることは少ないので、麻酔の必要はない)

②虫歯の範囲が全て除去できたかお薬で確認 

(健康な部分を削らないよう慎重に、最小限に、少しずつ)

③レジンがよく接着出来るようになる薬を塗布

④③の薬を水でよく洗い流し、よく乾燥させる

⑤接着材を塗り光を当てる

⑥歯の色に合わせたレジンで埋める

⑦光を当ててレジンを固めていきます。

⑧固まったのを確認し、形を整え、磨きます。

⑨噛み合わせ、隣接面のきつさをチェックしてOKなら完了

※CO、C1は初期虫歯と呼ばれます。C1でも削らずにCOと同様の処置をして自然治癒を期待するときもあります。きちんと再石灰化し、修復できたか経過観察で再度確認が大事です。

レジン充填のメリット

・1回の治療で終わる

・歯を削る量が少ない(金属を詰める場合は、金属をはめ込む為に健康な歯も削る必要がある)

・歯と同じ色で仕上がる(色の種類がある)

・金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色、金属アレルギーなどが起こる可能性がない

・削った面にすぐに接着剤を塗布するために感染のリスクがなく、高い接着力が得られる

レジン充填のデメリット

・時間がたつと劣化により変色する

・虫歯が大きいところには強度の問題で使えない

レジン充填(CR)はこんなときにも使われます!

Ⅰ 知覚過敏

 露出した象牙質(エナメル質の下の層)をレジン充填することにより、外部からの刺激を遮断し、知覚過敏の症状を抑える効果が期待できます。

Ⅱ歯が欠けてしまったとき

Ⅲ歯と歯の間の隙間が気になるとき

~歯と食べ物で健康に

山武郡東金市の歯医者 鈴木歯科医院~

診療予約について

RESERVE

患者さまをお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りいただけます。

Mail:suzudent120go@gmail.com

 
8:40〜13:00
14:30〜18:00
休診日:木曜 / 日曜 / 祝日

〒283-0801 千葉県東金市八坂台3-1-7
JR東金線 東金駅下車 タクシーでワンメーター
東京駅からお越しの方はこちら