症例集

CASE RECORDS

50代女性「ご飯が噛めず今後が心配。笑顔が作れない」欠損している下の奥歯に人工歯根「インプラント」を埋入し、上の被せ物も白い「ジルコニア」で新しく作り直し、物がしっかり噛めて笑えるようになった症例

50代 女性

治療前

治療後

治療前

治療後

治療前

治療後

治療前

治療後

治療前

治療後

治療期間

上顎10ヶ月、下顎8ヶ月

通院回数

上顎14回、下顎15回

治療費

約4,422,000円
(内訳)
ジルコニアセラミック6本
ジルコニアの被せ物8本
インプラント6本+ダミーの被せ物1本

想定される副作用またはリスク

・外科手術のため、術後に痛みや腫れ、違和感を伴います
・メンテナンスを怠ったり、喫煙したりすると、お口の中に大きな悪影響を及ぼし、インプラント周囲炎等にかかる可能性があります
・糖尿病、肝硬変、心臓病などの持病をお持ちの場合、インプラント治療ができない可能性があります
・高血圧、貧血・不整脈などの持病をお持ちの場合、インプラント治療後に治癒不全を招く可能性があります
・治療中や治療後に不快症状が出たり、治療後に痛みや腫れなどが生じたりする可能性があります
・噛み合わせや歯ぎしりが強い場合、セラミックが割れる可能性があります

ご相談内容

「ご飯が噛めず今後が心配。笑顔が作れない」とご相談いただきました。

カウンセリング・診断結果

拝見すると、下の奥歯7本(右の第1小臼歯/4番、左右の第2小臼歯/5番、左右の第1大臼歯/6番、左右の第2大臼歯/7番)が欠損しており、歯が生えていた土手状に盛り上がった場所「顎堤」の吸収が著しい状態でした。

上の歯も被せ物に隙間がある「不良補綴物」が多く、上下の歯が咬み合う時の基準「咬合平面」が乱れており、正常な咬み合わせに回復させるのは難しい状態でした。

患者様からは、「1998年頃に、下の奥歯は虫歯が大きかったため保存不可能と診断され抜歯した。その後、歯科医院を転々としながら入れ歯を作製したが、歯茎の痛みや心理的負担からあまり使用しなかった。2010年頃からインプラント治療を希望したが、骨移植もインプラント治療も断られた。歯がないためうまく噛めなくてストレスがある」と伺いました。

行ったご提案・治療内容

患者様がご希望されている人工歯根「インプラント」を埋入できるかどうか、「CT撮影」を行い確認しました。
その結果、短いインプラントを用いて、咬み合わせを回復させるのであれば、うまくいく可能性があることをお伝えしました。

患者様は「入れ歯はいくつも作製し、合わないことは分かっていた」とのことで、可能性にかけてご快諾いただきました。

インプラントを埋入する予定の下左右の奥歯とも、下顎にある神経までの距離が5.5mmと極端に短く、さらに神経の通る穴「オトガイ孔」が欠損部直下にあるため、骨を増やす「骨移植」が不可能でした。
そのため、輸入したストローマン社製の長さ4mmのインプラント「エキストラショートインプラント」を埋入しました。

上の歯は、根の中を掃除する「根管治療」の後に、全ての歯を白くて硬い材質「オールジルコニア」で治療をしました。

術後の経過・現在のご様子

下の歯にインプラント、上の歯にオールジルコニアの被せ物が入り、お口全体で物がよく噛めるようになりました。

患者様からは、「骨移植をせずにインプラント治療ができて良かった。20年ぶりに奥歯で噛めることが何よりも嬉しい。人前でも笑顔を作れるようになった」と大変ご満足いただけました。

最初の頃は、ヨーグルトや全粥などの舌でつぶせる食形態のものから肉、魚や生野菜といった常食へと変化し、体重も徐々に増えてきたそうです。

治療から5年経過した現在、状態は安定しており、メインテナンスが楽しみとご通院されています。
当院スタッフも、骨移植を避けながら初めて使用した4mmのインプラントに問題がないことを嬉しく思っています。

治療中

その他

診療予約について

RESERVE

患者さまをお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りいただけます。

Mail:suzudent120go@gmail.com

 
8:40〜13:00
14:30〜18:00
休診日:木曜 / 日曜 / 祝日

〒283-0801 千葉県東金市八坂台3-1-7
JR東金線 東金駅下車 タクシーでワンメーター
東京駅からお越しの方はこちら